FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラムちゃんは まだまだ生きるのだ!
ラムちゃん、16才と3ヶ月。

本日手術を受けました。

以前から耳のグジュグジュで、何をやっても、どんな薬を飲んでも良くなる気配がありませんでした。

そして、グジュグジュの元の腫瘍は増殖するばかり。

自慢の垂れ耳からはみ出してきちゃいました。

ラムを見た人は必ず「耳どしたん?」と可哀想がられ・・・。

先日のウジ虫事件で診察を受けた時、最終手段の手術を奨められた2日後、先生にTELしました。

「じゃ、土曜日にやりましょう」
てことで、本日に至る。(笑)

先生もあの光景を見て切迫な感じ?(笑)

麻酔で目が覚めないこともあり得るけど、ウジ虫に殺されるよりマシ?(笑)






3人の散歩を済ませ、ラムだけはご飯抜き。





8時20分スタートしました。





病院で採血のあと、先生から説明を受けラムは奥へと連れて行かれました。
何事もなければ5時にお迎えです。


さぁ、ここからが長かったー(;´д`)
何をしていてもラムのことばかりが頭に浮かんできます。

「無事に終わりました」と、先生からTELがあったのは3時過ぎ、と同時に顔がゆるむ私。
そして、無意識のガッツポーズ。(笑)

でもでも、手術が終わったというだけで、予後のことはまだ何も聞かされていません。

やはり先生のお話を詳しく聞くまで油断は禁物です。

5時にお迎え。
先生の 画像を見ながらの詳しい説明で本当にホッとしました。

血液検査の結果は、今まで飲んでいるステロイドのせいで肝臓の数値は高いものの、あとはすべて正常値範囲内。
「16才でこの数値はすごいです。」
と、褒められちゃったわ。

あと、ついでに左目のイボも切除してもらいました。







帰ってきたラムのことを心配するルイたん。


16才3ヶ月、もうちょっと頑張ってくれそうなラムちゃんです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。