FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めまい その後
ラムの様子がおかしかった春分の日の翌日、私は普通に出勤。

朝のお散歩は普通に。

それでも心配でお昼休みに様子を見に帰りました。
普通に出迎えてくれてホッ。

夕方も普通にお散歩できました。
しかも家が近くなるといつも通り軽快なステップを踏んで。


一時的なものだったのね。


そして23日(金)。
この日、またヨロけてしまいました。
ごはんも食べません。
そして嘔吐。

いろいろ情報を集めていたので、吐くことは想定内。

これは病院送りだ、と、ラムちんと一緒に出勤し、ボスに理由を話して連れて行きました。


先生、ラムの目をジーっと診て「めまいですね」。

かなり眼振もひどいらしく、「よく立っていられるな、というレベルですよ。」とも。

「ただ、目の振れ方が三半規管というより、脳の方からきているかも。
もちろんMRI検査をしないとわかりませんが、そうなれば突然に・・・
ということも思っておいてください。」

こんなに突然やってくるんだー・・・


年齢的に覚悟はできているものの頭の中では
「ラムがいなくなる、ラムがいなくなる、ラムがいなくなる」

と、グルグル廻ります。

ステロイドで様子見になり、月曜日か火曜日にまた診せてくださいとのことでした。

注射と点滴を終えて出てきたラムちん、一気に老犬になっちゃって。


それでもヨタヨタと自力で歩きました。

家に置いておくのも忍びないけれど、この日の夜は会議があり、私はその準備もあって、どうしても出勤しなければなりません。


ダンナはちょうど午後からお休みだったので、ちょっとは安心。

夜8時半に帰り、恐る恐る部屋に入るとラムは横たわっていました。

ダンナが帰った時には出迎えてくれたらしいです。
それからは1ミリも動いていないと。


月曜日は二人ともお休みを取っています。
いつも行くところが、平日にやっと予約が取れた、今年もこれで終わりの松葉蟹。
日曜日に用事を済ませて夕方から前泊の予定。

「キャンセルしようよ」誰もがそう思いますわなぁ。


ダンナもいろいろ考えた結果・・・

ラムのこの1ミリも動かない姿を見ながら
「もうこのまま良くなることはない。
だったら最後の旅に連れて行こう!
ラムはキャンカーが大好きだったんだから・・・」

私はこんな精神状態で蟹を食べるなんてムリよ。
現に、今日は何も食べていない、何も喉を通らないのです。


このままラムのそばで眠りました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。