FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初体験!
年に1度の人間ドック。

バリウムは後が辛いので(波がいつやって来るか怖いわー・笑 )今年はカメラをご馳走になることにしていました。

これを決めたのは年度始めの昨年4月。

さて、鼻からか口からか?

まずは手始めに昔からの口からカメラにしました。

「なんてこたぁないよ。」
「うどんをすする感じ」
「オェッ!となるのは突っ込む時だけよ。」

ふ~ん、そーなんだぁ。
と、検査日が近づくにつれ、だんだんと不安。

案ずるより産むが易し・・・
(産んだことないけど)

健康管理センターから病院までタクシーで送迎です。
歩ける距離なのに、至れり尽くせり感満載。(笑)

順番が近づいてきたら、喉の麻酔です。
「飲み込まずにそのままねー」と言われて 3分間。

ちょいと苦痛、マズイし。

胃カメラ部屋に連れていかれて、もう一度喉の奥にスプレー麻酔を。
これがまた更にマズイ!

ベッドに横にさせられ、いよいよカメラ挿入です。


オェーッ!

何が最初だけだよー( ;∀;)

カメラが動くたびに、オェオェ言ってましたわ。

十二指腸潰瘍のあとがどうの、胃炎がどうの、おっしゃってましたけど、内容は全然耳に入ってないの。

食道を見ながら終わりですよーって、やっと終わりました。

涙が出っぱなしで、ひどくつかれました。

看護師さんがずっと、優しい言葉をかけながら背中をさすってくれていました。

「初めてにしては上手でしたよー、また来年も受けましょうね。」

「もうイヤです!(笑)」

まぁ、しんどかったこと。
だんだん慣れてくるのかなぁ。

そして一時間ほど経ってからランチです。












あの辛さはすっかり忘れて、バリウムという邪魔物も入ってないからおいしかったわぁ。





そして結果発表~!

貧血はありますが、これは子宮系の病気なので仕方ありません。
紹介状をいただきました。

あとはすべて正常値。

ルンルン気分でデパートへ。

しっかり洋服も買って、お惣菜も買って帰りました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。