FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
コーンフレーク

M1グランプリ

今年はどのコンビもおもしろかったですねー。

コーンフレーク、ずーっと笑ってました。

無性に食べたくなりました。

そして買っちゃいましたよー。

トラが腕組んでないけどね(笑)

久々においしかった~💓

スポンサーサイト



シアンその後

***** 12月15日(日) *****

ハイエースからの飛び降りに失敗して、顔から落ちたシアン、その後。

日曜日午後診療中のたどり着いた動物病院はハキハキした女医さん。

まずは「立てるかどうか重要なポイントなんですよねー」と。

シアン、立って歩けてる!

そして、瞳孔など診てもらって、脳に異常はなさそう。

痙攣は軽い脳しんとうを起こしたのかな?

ステロイド💉しますねー、と。

痛かったのかシアン暴れた!(笑)

当初開いていなかった右目もずいぶん開いてきて、白内障はあるものの大丈夫そう。

今週末、かかりつけ病院でワクチンを受ける予定にしていたシアン。

ステロイド打ったことによって影響があるかもと、女医さんにその旨を尋ねてみました。

「ワクチン毎年打ってるの?   

毎年しなくていいよー。

ましてやこの年で。

これから子犬を迎えるとかだったらワクチンも必要だけど、そうじゃなかったら打たなくていいよ!」

とバッサリ❗(笑)

ワクチン代、浮いたがなぁ~(笑)

マジメに動物病院からの案内のとおりに毎年打っていましたが、なんだったのだろう???

獣医師によって考え方はいろいろなんだなぁ。。。

丹波からようこそ~🌠

***** 12月15日(日) *****

一人で歩けなくなったルイたんを連れて丹波までおでかけしようと、「週末行くよー」と連絡したのは11月29日。

すると12月半ばにこちら方面のコテージを予約したって言うじゃないぃ~!

あと二週間後、ルイちゃん、それまで頑張って生きといてくれぇ~!(笑)

丹波からやって来る当日は、とあるSAで待ち合わせ。

いたいた!

ママとニックたんが走ってる~💨

GW以来の再開です。

たろちゃん、ウェルくん、いちごちゃんがいなくなって、ラムがいなくなって、不自由な身体になったルイたん、認知症っぽいシアン・・・・・

時の流れは確かに進んで・・・・・

ルイたん、お疲れ~!(笑)

これまでいっしょにBBQをする度にこのタレを丹波へお持ち帰り~(笑)

総本家の焼き肉屋さんでランチです。

思い出話に花が咲き、気がつけば2時間経ってるし(^_^;)

そして、天空の城が見える展望台までご案内。

ここで、また一つ事件発生~(´_`。)゙

シアンがハイエースの後ろ側から飛び降りようとして失敗、顔から落ちた!

もっとも、私がドアを開けっぱだったことが原因なのですが。。。

抱き上げたシアン、すごい声で泣いて、間もなく痙攣&失禁、右目が開かない。

これはただ事ではないと、日曜日午後診療の病院を探して連れて行くことに。

ヘンな別れ方で、ホントに申し訳なかったよー。

今度は丹波襲撃しちゃうぞー!

ルイちゃんの悲鳴

*** ** 12月1日(日)   *****

後ろ足が立たなくなってから、うんこちゃんしたい時のルイちゃん、ヒィヒィ泣きます。

そして私がアシスト。

肛門の脇をつまむと更にヒィヒィ泣いて頑張ります。

それが今朝はゥオンゥオン吠えて、ギャーって悲鳴を上げました。

今までも泣いていたのですが、こんな悲鳴は初めて。

これはただ事ではないと、日曜日に診療している病院を探しました。

隣町にあるではないの!🌠

しかも目をつけていた新しいキレイな病院。

ダンナはそんなの放っておけばいいという考えなので、一人でも連れて行こうと思っていたら、一緒に行ってくれることに。

おっと、今飲んでる薬も忘れずに持って行かなきゃ・・・。

院長先生とおぼしき若い先生が診てくださいました。

経緯と症状を説明すると

先生:「17才!?   こんな17才見たことない! 

まずレントゲン撮りましょう。」と、奧へと拉致されました。(笑)

今まで通っていた病院では、年齢的にも仕方がないっていう雰囲気でレントゲンすら撮ってはもらえなかったのに。。。

レントゲン写真を見ながら背骨の説明。

変形性脊椎症。(だったかな?)

これはもう仕方がないこと。

そして今飲んでる薬もその場でネットで調べてくれて、丁寧な説明を受けました。

「この年齢では、普通もっと骨と皮ですよー。この筋肉!     ルイーズは一つ一つの細胞が若い!」とお褒めの言葉をいただきました。

(「ルイーズ?  呼び捨て?」・・・)

でもなんか嬉しい扱いであることは確か。。。

そしてラムが17才4ヶ月で、虹の橋を渡る前日の夕方までお散歩して、寝る前にはパンも食べたことも話すと、「きょうだいなの?」

いえいえ、あかの他人ですとの答えに

「○○家の環境を見てみたいなぁ。」とまでおっしゃって、すごく嬉しかった私。

飼い主冥利につきますなぁ。

で、うんこちゃんの時の悲鳴は刺激することで痛みが出ることがあるかも?

アシストしなくても自然に押し出されるよ。

私の時間の都合で無理やり出していたのがダメだったかな?

でも帰って来たときにうんこちゃんまみれはイヤだもんなぁ(笑)

そこは上手にサポートすればいいよね。

ってことで、後ろ足が立つようにはならないけど、アンチエイジングのサプリを飲んでみることにして、経過を診たいから2週間後にまた来て、と予約を取りました。

なんだか、誉められたことでルンルン気分。

後ろ足が立たないだけの元気犬も、まんざらでもないなぁ。(笑)

ルイーズちゃん、歩いてる動画
ルイちゃんの四つ足で歩いている最後の動画となりました。

こんなに歩いているのに、この夕方突然後ろ足がフニャフニャに~💫

覚悟はしていたけれど、こんなに突然って。。。

2日間ほど受け入れられなかったな。

17歳2ヶ月になりました

ひと月前、ルイーズちゃん、まだまだ歩けますよー、と、ここに記したのですが、この1ヶ月いろいろありました。

新しいキャンピングカーが来た記念に、ダンナ念願のルイと二人旅に出かけたのが11月12日~13日。

奥出雲方面に出かけ、無事に帰って参りました。

そして、16日(土)、朝のお散歩は1㎞コース。

普通にトコトコ歩きます。

その後キャンピングカー屋さんに行き、併設のドッグランで遊ばせました。

知り合いのお宅に行き用事を済ませて、夕方にホームセンターの駐車場でお散歩、ここで踏ん張ってウンチ(^_^;)。

それから45分後に帰宅し、キャンカーから降ろしたルイちゃん、後ろ足が全然立ちません。

ちょいと疲れたかなぁ、とそんなに深刻に考えていませんでした。

翌日になっても足が立たず、月曜日に病院へ。

薬を処方され、今後のことをいろいろと話してくださいました。

飼い主の腰がやられないようにと。

さぁ、これから仕事もあるし、どうするべ???

ルイちゃん、オムツしていてもそれには【いたしません‼️】(笑)

吠えておしえてくれます。

ペットシートに連れていくとシャーッ❕☺️

腰をやられないように、補助着をネット購入。

前足は丈夫なので車椅子のことも考えレンタル。

部屋の様子も替えました。

ただ後ろ足が立たないだけの元気な老犬なの、暴れて血だらけになる毎日。

最近は午前中はおとなしくしているので、午後からはボスの許可を得て連れて行き車の中で待たせています。

自宅と職場を往復し、車中待機で鳴けばすぐ様子を見に行く・・・という、これが今の日常です。

面倒くさがり屋さんの私だけど、全然苦じゃないんだよねー。(^_^;)

もっともっと長生きして欲しい、ただただそれだけなのです。