FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
さらばキャブコン

2008年から年間1万㎞走り続けた、これぞキャンピングカーってタイプの、屋根の出っ張ったところが寝室となるキャブコン。

ラムのこともあったり、揺れのひどいトラック、そして乗り降りもハイシニアのルイさんにはキツイこともあり、キャブコンを卒業しました。

9月に買い換えを決めて、ルイさん、新しいのが来るまで(中古ですが)頑張れ~❕生きといてくれ~❕と待つこと2ヶ月。

令和1年11月11日、(ワン×5)に納車いたしました。

私は昨日のイベントの残務整理でどうしても休めない。

ダンナはこの一週間は会社の規定上お休みなので、1人でキャブコンに乗って新しいのに乗り換えて帰りました。

そして、その帰りに私の職場に寄りました。

仕事仲間のMちゃんに「なんか大きな車が来たよ、誰じゃろ?」と、私が何も知らない風に告げたところに、車から降りたダンナがやって来ました。

「どしたん? 買ったん❕❔(@_@)」と、とぼけてビックリな表情でダンナに語りかける私。

「えーっ? 知らなかったんですかー?」と真に受けたMちゃん。

うそうそ、ウソよー❕(笑)

いろんなおしゃべりをしながらお仕事を進める私たちですが、このことは黙っていました。

黙っててゴメンね~😅

「なんでウチのも一緒に買ってくれなかったんですかー?  2台買えば少しは安くなるかもなのにー❗」とオモロイこと言うMちゃん。

ずーっと向こうに見える新キャンカー。

ワンたちの年齢を考えると、あまり遠出はできないけれど、たまの義両親からの解放には欠かせないアイテムなのです。

スポンサーサイト



ダチョウノタマゴ

毎年開催される村の最大のイベントである文化祭。

何か目玉が欲しいなぁ、と考えたのが、おそらくほとんどの人が実物を見たことがないであろう【ダチョウの卵】。

今は産卵期でないため、当初は1個しか用意できないと言われていたのですが、ギリギリ2個間に合った!

ダチョウさん、ありがとう(^人^)

まずは、みんなに見せるために「重さ当てクイズ」。

想像がつかないこの重さを用紙に記入して応募箱に入れてもらいます。

締め切ったところで、この卵を割ります。

ぅおっほっほっー❕

出た~🌠☺️👍

このあと、ボランティアさんと卵焼きを作って振る舞いましたとさ。

17才と1ヶ月
ルイーズちゃん、17才と1ヶ月になりました。








時々おぼつかない足取りにもなりますが、まだ1人で立って補助なしで歩きます。

もう少し頑張ってくれそうなルイたんなのです。