FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬のおっとっと
療養中のラムちんに何か食べさせねば・・・
と、ペットショップで見つけたコレ。








まぁ!
こんなものがあるのねー。

そして中身は




おんなじ~

そして私も一つ食べてみた!


なんか違うよ。
おいしくないの。





ラムちん、パクパク食べてくれましたぁ!


スポンサーサイト
最後の旅なんかじゃないよー!
26日(月)に予約していた蟹フルコース。
前日の日曜日、用事を済ませて夕方から、いよいよラムちゃん最後の旅に出発です。

津山で夕食を済ませ、道の駅かわはら泊。




ラムちゃん、ヨタヨタですが歩いています。
オシッコもできたよん v(’-’*)♪




キャンカーの中で笑顔のラムちゃん♪

なんだか風向きは良い感じ。

ケロッと治るような気がしますなぁ。




あなば珈琲《*≧∀≦》

ここは鳥取県。
あの「すなば珈琲」があるところ。

なんてセンスの良いネーミングでしょ(笑)



そして、私たちは蟹フルコースをいただきました。














お腹いっぱいで、当分蟹は要らん!(笑)

そして一気に帰ることにしました。
なぜならば、今日ラムちゃんの再診に行かねば。


ギリギリ診療時間に間に合った!ふ~💨

「めまいは治まってますね。脳腫瘍じゃなくてよかった・・・」
と、先生もホッとしているようでした。

まだまだイケそうなラムちゃん。

最後の旅なんかじゃないよー♪

復活の兆し?
25日(日)。

またまた朝まで1ミリも動いていません。
私たちがバタバタしても動きません。
お腹が動いているか(息をしているか)確かめるほどです。

なんとか生きている、という状態。
昨日よりひどい印象です。

しばら~くして、ノソっと立ち上がろうとするラムちん。

立った、立ったー!o(*゚∀゚*)o
(クララが立ったー!、な状態(笑))

ただコレだけがうれしい私。

あとはなんとか食べてくれれば。。。




ホットケーキを焼いたけど プイッ!

ささ身もプイッ!

ブリの照り焼きもプイッ!

少し味のついた玉子焼きはどーだ?


食べました!(((o(*゚∀゚*)o)))

食べた!食べた! ラムちゃんが食べたーo(^-^o)(o^-^)o



てなことで、お昼頃少し外を歩いてみる?

ヨタヨタですが、なんとか歩けます。
すると、ラムは玄関の義両親のいる方へ。

義母が人間用の醤油味のあられを差し出すと、食べたー!(о´∀`о)

ポリポリ良い音でなんぼでも食べます。
いいよ、いいよ、今食べたいものを食べれば。

食欲が出てきました。
これから先はどうなるかわからないけど、とりあえず生きてる!(笑)

ダンナは町内のイベントで、アーモンドを植えたり、来年度の計画を立てる集まり。
これを終えて夕方には「ラムちん、最後の旅」の予定です。

ちょっと元気になったラムを見て
私も蟹が食べれそう。
そして、最後の旅なんかじゃないぞ、と少し思ったのでした。

その後のラム
土曜日でお休み。
状態の良くない時にそばにいてやれることが嬉しい日。

朝まで1ミリも動いていないラム。
何も食べず、トイレも行かず。
(が、しかし、垂れ流していた・・・。)

オシッコが出ていたことに少し安心する私。

私たちが朝の支度に動き出したら、ラムも頭を上げて姿を追っています。


そしてヨタヨタと自分で立ち上がり、(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
ウンPがコロンと出ました。
トイレじゃないところに(笑)

どこでもしていいよ(^.^)


自ら立ち上がることなんて、この先もうできないのでは?
と思っていたので、テンション上げ上げ!


でも、その後はやっぱり動かない。
何を近づけても食べない。

お願い、何か食べてよー!

テンションだだ下がり・・・


一喜一憂しながら、それでも義両親と同居ではずーっとラムちんの側にいてやれない。

お昼と夕方はちゃんと食事の準備をしなきゃ。

こんな時、二人暮らしなら何でもエエわぁ、とコンビニで買ってくるのにね。



動かないってことは相当なめまいなんだろうなぁ。
私もけっこうなめまい症なのでラムの気持ちはよくわかります。
「とにかく放っといてー! 」な感じ。


昨日の朝、病院に連れて行くまではあんなに歩き回っていたのに、昨日の夜からはほとんど動きません。

先生曰く、「歩き回るのは、自分の中で何が起こっているのかわからず、どこに行けば感覚が戻るのか、ヨロケながらもウロウロと探し回っている。」
なるほど・・・

何も食べない、お水も飲まない、これでは生きていけないよー(;Д;)

シリンジで(いつかこんな時が来るんじゃないかと、ずいぶん前に買っておいてヨカッタ!)お水を飲ませました。


夜、自らトイレシートにオシッコしました!♪ (#^ー°)v




今まではごくフツーに当たり前のこと、今はこんな当たり前がすっごくうれしいのです。


この夜もラムのそばで眠りました。


めまい その後
ラムの様子がおかしかった春分の日の翌日、私は普通に出勤。

朝のお散歩は普通に。

それでも心配でお昼休みに様子を見に帰りました。
普通に出迎えてくれてホッ。

夕方も普通にお散歩できました。
しかも家が近くなるといつも通り軽快なステップを踏んで。


一時的なものだったのね。


そして23日(金)。
この日、またヨロけてしまいました。
ごはんも食べません。
そして嘔吐。

いろいろ情報を集めていたので、吐くことは想定内。

これは病院送りだ、と、ラムちんと一緒に出勤し、ボスに理由を話して連れて行きました。


先生、ラムの目をジーっと診て「めまいですね」。

かなり眼振もひどいらしく、「よく立っていられるな、というレベルですよ。」とも。

「ただ、目の振れ方が三半規管というより、脳の方からきているかも。
もちろんMRI検査をしないとわかりませんが、そうなれば突然に・・・
ということも思っておいてください。」

こんなに突然やってくるんだー・・・


年齢的に覚悟はできているものの頭の中では
「ラムがいなくなる、ラムがいなくなる、ラムがいなくなる」

と、グルグル廻ります。

ステロイドで様子見になり、月曜日か火曜日にまた診せてくださいとのことでした。

注射と点滴を終えて出てきたラムちん、一気に老犬になっちゃって。


それでもヨタヨタと自力で歩きました。

家に置いておくのも忍びないけれど、この日の夜は会議があり、私はその準備もあって、どうしても出勤しなければなりません。


ダンナはちょうど午後からお休みだったので、ちょっとは安心。

夜8時半に帰り、恐る恐る部屋に入るとラムは横たわっていました。

ダンナが帰った時には出迎えてくれたらしいです。
それからは1ミリも動いていないと。


月曜日は二人ともお休みを取っています。
いつも行くところが、平日にやっと予約が取れた、今年もこれで終わりの松葉蟹。
日曜日に用事を済ませて夕方から前泊の予定。

「キャンセルしようよ」誰もがそう思いますわなぁ。


ダンナもいろいろ考えた結果・・・

ラムのこの1ミリも動かない姿を見ながら
「もうこのまま良くなることはない。
だったら最後の旅に連れて行こう!
ラムはキャンカーが大好きだったんだから・・・」

私はこんな精神状態で蟹を食べるなんてムリよ。
現に、今日は何も食べていない、何も喉を通らないのです。


このままラムのそばで眠りました。


めまい
今日は春分の日でお休み。

朝ごはんをガツガツ食べたラムちん。

急にヨタヨタして後ろ足が動いていないの。

あらあら、どうした、どうした?

とうとう後ろ足が弱ってきちゃったかなぁ~?

でもこんなに急激に弱ってくるかしら・・・

いやいや、どうも様子がおかしいのです。
足が立たずヘタリこんじゃいました。


それでもどうにか自らハウスに戻ったラムちんを見ると、明らかに目ん玉が動いています。
マンガみたいに。

獣医さんもお休みだし、様子を見るしかないなぁ。

ラムはヨタヨタしながらウロウロしています。

辛いのならじっとしておけばいいのに、と思っていたのですが、後で聞くとなるほど・・・と思える行動。


そして、やっと落ち着く場所を見つけたラム。

が・・・












何をしてくれとんじゃー!(*`Д´)ノ!!!


ルイもこの場所が好きで、ラムのことも大好きで、一緒に寝たくて、こんなことに。。。

ヨロヨロなラムを下敷きにしてしまいました。



一日中雨でダンナも仕事で、午前中に買い物に行っただけ。
午後から義両親は出掛けるし、私は久しぶりに数時間のひとり。(やったー!)

これから迫り来るであろう後ろ足を支えるためのハーネスを縫おうと構想を練りました。

この日の夕方、少しは歩け、夕食もチビチビゆっくり完食しました。


温泉入ってご馳走ツアー・・・のはずが
またまた行って来ました、湯原温泉ペットの湯。

ワンコ洗いの後は、蒜山か大山まで足を伸ばして美味しいものをいただく予定。


この日、ダンナは朝から「もうちょっと寝るわ」とか「ユンケル飲んどこっ」とか「コーヒーだけでエエわ」とか、どこか様子が変。

それでもオープン10時に合わせて出発しました。

ペットの湯に到着した時は更に様子がおかしいダンナ。

「一人で行ってくるから寝なさい。」と、私はラムルイを温泉へ。






うっとりなお二人(^_^;)






ラムちん、大あくび。( *´艸`)

気持ち良さそうに入っているところをスタッフさんが見て、「入り口に貼ってもいいですか?」と、撮影開始。

喜んでOKしましたよ。


じゃがしかし、何から何まで一人でこなすのは厳しかったわ、腰が痛いっ!(笑)

ドライヤーで乾かすまで一時間ちょい。

絶好の行楽日和なのに、即帰ることになりました。
しかも私が運転して。。。
ダンナは何しに来たのやら。

帰ってからも車の後片付けや、使用済みタオルの洗濯に追われ、めっちゃ忙しいやん!

義母には、夕食も済ませて帰ると告げていたので、あまりの早い帰宅でびっくりされちゃって・・・。
ダンナはすぐに寝てしまうから、理由を伝えるのは私なわけで。

もー、これがめんどくせー!(((-д-´。)
なにしろ、医者へ行け、薬を飲めとヤイヤイ言われるもので。

夕食も作るハメになるし、めんどくせー!(-∀-)

それからダンナは何も食べずにずーーーっと寝ておりました。

私だってお昼は「とうふドーナツ」だけだったわよ!(笑)
耳の日
3月3日はひな祭り。
そして耳の日でもある今日、診察に行ってきました。

ラムちんの耳は良くなることはなく、薬を塗ってもらったり、飲み薬を変えてみたり。









待ち時間、早くココから脱出したいラムちん。


先週の診察では、「ふーん、参りましたねー」と先生。

「まいったか!」(笑)

いろいろと策を考えてくれています。

このまま付き合っていくしかないのかなぁ。
ラムちんの犬生も、あとちょっとだし。(笑)


初体験!
年に1度の人間ドック。

バリウムは後が辛いので(波がいつやって来るか怖いわー・笑 )今年はカメラをご馳走になることにしていました。

これを決めたのは年度始めの昨年4月。

さて、鼻からか口からか?

まずは手始めに昔からの口からカメラにしました。

「なんてこたぁないよ。」
「うどんをすする感じ」
「オェッ!となるのは突っ込む時だけよ。」

ふ~ん、そーなんだぁ。
と、検査日が近づくにつれ、だんだんと不安。

案ずるより産むが易し・・・
(産んだことないけど)

健康管理センターから病院までタクシーで送迎です。
歩ける距離なのに、至れり尽くせり感満載。(笑)

順番が近づいてきたら、喉の麻酔です。
「飲み込まずにそのままねー」と言われて 3分間。

ちょいと苦痛、マズイし。

胃カメラ部屋に連れていかれて、もう一度喉の奥にスプレー麻酔を。
これがまた更にマズイ!

ベッドに横にさせられ、いよいよカメラ挿入です。


オェーッ!

何が最初だけだよー( ;∀;)

カメラが動くたびに、オェオェ言ってましたわ。

十二指腸潰瘍のあとがどうの、胃炎がどうの、おっしゃってましたけど、内容は全然耳に入ってないの。

食道を見ながら終わりですよーって、やっと終わりました。

涙が出っぱなしで、ひどくつかれました。

看護師さんがずっと、優しい言葉をかけながら背中をさすってくれていました。

「初めてにしては上手でしたよー、また来年も受けましょうね。」

「もうイヤです!(笑)」

まぁ、しんどかったこと。
だんだん慣れてくるのかなぁ。

そして一時間ほど経ってからランチです。












あの辛さはすっかり忘れて、バリウムという邪魔物も入ってないからおいしかったわぁ。





そして結果発表~!

貧血はありますが、これは子宮系の病気なので仕方ありません。
紹介状をいただきました。

あとはすべて正常値。

ルンルン気分でデパートへ。

しっかり洋服も買って、お惣菜も買って帰りました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。