然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
明日がある奇跡
もうすぐ9月1日。
この日は父の74回目のお誕生日です。
何事もなければ元気にこの日を迎えられたことでしょう。

明日が来るのは当たり前で何気なく過ごしてしまいがち。
父も明日は来るものと思っていたに違いありません。
私たちも父があんなに急に母のそばに旅立ってしまうなんて 想像もしていませんでした。


7月24日の夜、ちょうど私たちが旅行に出かける前日のことでした。
「横断中に車にはねられて即死状態」・・・と 姉から連絡が入り、
震えながら病院に駆けつけましたが既に息はなく、
今はその後の処置をしてもらっているとのこと。
病院にいても仕方がないのなら、次の行動を起こさなければなりません。
父のことは姉と義兄に任せて 私たちは自宅を片付けて
父が気持ちよく戻って来られるように準備をしました。


事故現場は自宅から150mほどの国道。
夜になると信号は黄色の点滅で、市内でも1、2の明るく見通しの良い交差点です。
あと少しで渡りきるところだったのに。

はねられた時に10mほど飛ばされ、頭は陥没、左肺は潰れ
骨盤や手足の骨はボロボロに折れていたそうです。
家に戻った父は、「動かすと流血の恐れがあるので・・・」と、
頭には吸水シートを巻かれ、手足は包帯だらけの変わり果てた姿でした。

はねられた瞬間、何を思ったのだろう?
痛みを感じた時間はあったのかな?
何か言いたいことはなかったの?
いろいろなことが頭をよぎります。


事故後すぐに『交通死亡事故現場』の看板が設置されました。
何度か雨は降りましたが 相当な流血だったゆえ まだ血痕は残っています。
できれば現場を通ることは避けたいのですが、ここを通らなければ実家には行けません。
通るたびに思うのは父のこと。


加害者を恨む気持ちがゼロと言えば嘘になるけど
父を失った淋しさの方が強くて、今は加害者を責める気持ちにはなれません。
いくら責めたって戻っては来ないもん。
ただ、ちゃんと前を見てハンドルを握っていてくれればよかったのに・・・・・。


一昨年の10月に母を亡くしてからは  あれだけ母に甘えていた父は
我が儘も言わず誰にも迷惑をかけまいと 健康管理も自分できちんとしていました。
私が一番恐れていたことは、母を亡くし力を落とした父が
認知症になってしまったらどうしよう・・・っていうことでしたが
毎日2km弱の温水プールに歩いて通うことが生きがいで、
それはそれは元気に過ごしていました。

亡くなる当日もプールに行き、前の日(月曜日)はプールが休館日だったため、
かかりつけの病院を巡って薬もたんまりと受け取っていました。^^;
お盆過ぎには孫のいる東京にも行くつもりで 新しい帽子を買っていたようです。
それを嬉しそうにカラオケ仲間にも話していたとか。
生きる気は満々だったのでしょう。

「ほぼ即死状態」・・・・・誰にも迷惑をかけまいとしていた父の
私たちに対する最期の思いやりだったのかもしれません。

なんでこんなことになってしまったんだろう・・・。
元気に過ごしていただけに悔しさでいっぱいです。
偶然と偶然が重なって一瞬で死に至り、
偶然と偶然が重なって生きている奇跡。
明日が来ることは 奇跡かもしれない。
これを『運命』と言うにはあまりにも儚いけれど・・・。




私が最期に会ったのは事故の4日前。
化粧品を買いに行った帰りに実家に寄りました。
シアンを嬉しそうに抱っこしてくれたのにな。
私が焼いたかぼちゃのパンを持って行くと「後で食べる」って笑顔で受け取ってくれた父。
父は昔人間なのにパンが大好きでした。
「今度はお盆に来るわ」って話したのが最期。
でもあの時会いに行っててよかった~。
あのまま実家に寄らずに帰っていたら悔やんでも悔やみきれなかっただろうなぁ。



母はいつもベッタリと父の世話をしていました。
向こうに行って一人でヒマヒマなので父を呼んだのかな?^^;
江原さんに聞きたいトコロ・・・(笑)

友人が「向こうでお母さんが待ってるからね」って言葉をかけてくれました。
私は「うん」って答えるのが精一杯でしたが この一言にどんなに救われたことか・・・・・・。
本当にありがとう。



私の大殺界、一昨年母の病気発覚から始まり、父の事故死・・・・・。
ちなみに父は大殺界ド真ん中の年でした。
まだまだ因縁めいたことがあるのですが ここでは割愛します。^^;
今年の旧暦のお正月、父とお稲荷さんにお参りしたときにおみくじをひきました。
父は『吉』、私は『大吉』。
いい一年になると思っていたのだけど。。。。。




正直言って、父が亡くなってもそんなに悲しくないのではないかと思っていました。
あまりにも私の中での母の存在が大きすぎて、たいして会話もない父親は 
いるかいないかわからないような存在でしたから。(←ひどい~~~^^;)
でも、すごぉく悲しかった・・・・・・。
失ってから気付くことが あまりにも大き過ぎて多過ぎて、
今更ながら父の存在が大きかったことを思い知らされます。
もう遅いですけどね。


母の時もそうでしたが、父の葬儀も大勢の方が涙を流してくれました。
「こんなに大勢の人が来てくれて、こんなにたくさん泣いてくれてるよ。よかったね。」
私はこんな両親の元に生まれたことがちょいと自慢・・・・・(笑)




今一番欲しいもの・・・・
【タイムマシーン】
あの事故の瞬間に戻って「早く渡って!」って、背中を押したい。。。。。。。

けど いつまでも悔やんでばかりじゃ安心して向こうに行けないよね。
今は身内で笑いながら 思い出話に花を咲かせています。
幼い頃のことばかり思い出すって、私も年とったなぁ~^^;
両親はずっと元気なものだと思っていたし、いなくなるなんて考えもしなかった・・・。
いてくれるのが当然だと思っていました。

若い頃は仕事一筋だった父と、それをサポートしてきた母。
おこづかいは湧いてきて、ごはんは勝手に出てくる。。。。
私は感謝の一つもしたことがあったのだろうか?
今の両親への想いを抱えたままであの頃に戻りたい。
やっぱりタイムマシーンが欲しいナ。




~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~


***メール、コメントをくださったみなさんへ***
とっても温かいメールやコメント、本当にありがとうございました。
なのに無気力になった理由を今まで話せなくてごめんなさい。
(ごくごく一部の方、返事に困るような内容を送ってごめんなさい。)



***ご両親が ご健在の方々へ***
エラそうなことを言うつもりは毛頭ありませんが
どうかどうか、ご両親が元気なうちに親孝行してくださいね。
『親孝行 したい時には親はなし』 ってことにならないように。
いなくなってからでは供養しかできませんから。
いくら親孝行したって 今まで育ててくれたことを考えると
親孝行やり過ぎ・・・なんてことはないけれど、どうぞ悔いのないように接してくださいね。
私はいったい何割くらいの親孝行ができたのだろう?
もっと親孝行したかったナ。(^^;



***すべてのみなさんへ***
・・・交通事故・・・
加害者になっても被害者になっても 本人とその周りの生活は一変します。
『注意一秒 ケガ一生』 この言葉を忘れないでください。
もちろん私も運転する時は運転に集中すること、
歩く時にも周りに注意を払うことを誓います。
いくら注意していたって逃れられない場合もありますが
父は身をもって私たちに教えてくれたような気がします。
交通事故は他人事ではありません。
私も他人事だと思っていた一人だったんだけど。^^;



~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~



母がよく口にしていた言葉・・・
「自分の親と舅姑、4人を送って初めて一人前になれるんだからね。」
お母さん、私はこれで半人前になれたかしら?
「まだまだ半人前にもなっていないわね。」って言われそう・・・・・^^;

あまりに突然の出来事で何がなんだかわからないままにコトが運び、
とてつもない残暑の8月26日 無事に納骨を済ませて今は母の隣に眠っています。(^^)
生きることの苦しみや痛みや辛さ・・・それがすべて消える世界で。
そこから二人そろって私たちをニコニコと見守ってくれていることでしょう。
その分 心の奥まで見透かされている感じ・・・^^;
シャンとしなきゃなぁ~。



久しぶりの記事がこんな暗い生々しい、長~いお話になってすみません。
みなさんには本当に気をつけていただきたくて思い切って公開しました。
誰にでも起こり得る交通事故。
普通の明日があることは当たり前ではないんですよね~。

まだまだいろいろな手続きで忙しい日々が続きそうです。
浮き沈みしながら いつものお笑いブログに戻すつもりですので待っててくださいね。




スポンサーサイト
気力がナイ・・・・・
台風5号の影響はありませんか?
こちらは何の被害もなくピークは過ぎたようです。
今朝は雨になる前に3ワン'zのお散歩も済ませました。

楽しみにしていた鳥羽~京都の旅。
あんなにはしゃいでワンコのオヤツまで作って
「行ってきま~す!」なんて言ったのに ワケあって行くことができませんでした。

私がどんなに楽しくケラケラ笑っても、辛くて涙を流しても
怒っても後悔しても意地悪しても意地悪されても、
わめいても 唸っても 叫んでも お腹がすいても、
どう生きていたって容赦なく太陽は昇って沈みます。

それなら楽しく過ごした方がいいに決まっているけど・・・。
今は気持ちの整理がつかず、夢の中にふわふわ浮かんでいるよう。。。。。
なぁんにもやる気がないのよね。

心の夏バテってことにして、しばらく沈みます。
必ずまたひょっこり浮上しますんで、その時はヨロピコ!

あっ、今日はダンナくんのお誕生日だったワ。^^;
気力がナイのでお祝いもナシです。(笑)