FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
県庁の星
楽しみにしていた映画「県庁の星」を観に行ってきました。
上映時間が10:50~13:30。
なんともちゅーとハンパな時間やなぁ~(~_~;
せっかくダンナも有給とったから、おいしいものでも食べに行こうかと思ったのに・・・。
でもまぁ、月曜日の朝イチってことで1200円で観られるから得した気分(^^)v

私たち夫妻って映画を観ることがほとんどないんですよね。
全席指定になってることなんて知らなかったぁ~^^;
席に行くと、おばちゃんが一人でポップコーン食べながらデーンと座ってて、間違えたかと思ったら、おばちゃんが一つ間違えてた・・・。
「あ~ん、ごめんごめん」って言いながら一つ席をずらしてずーっとポップコーン食べてました。

MOVIXに訪れたのも「クイール」以来実に2年ぶり。
その前は「踊る大捜査線」だったし。
ほんとに劇場には行かないんです。
かといってDVDを二人で観ることもないし・・・。
映画のこと本当にわかりませぇん┐(-。―;)┌

子ぎつねヘレンを予告でやっていました。
ぅぅうううッ・・・予告だけで泣ける(p_q*)
私の頬に一筋の涙が・・・暗くてよかったわぁ~。
ダンナに気付かれるとヤバイじゃん^^;
この作品にはイエローラブも出ていて、子ぎつねのヘレンちゃんと仲良さそうにしている場面だけでも泣ける・・・(;_;)
一人で観に来ようかなぁ~、絶対泣いちゃうもん、一人でなくちゃね。

さて本題です。(前置き長っ!)
「県庁の星」の感想。
織田裕二、やっぱり好きだわぁ~
って、私の感情はどうでもよくて、一言で表すなら「おもしろい」デス。
柴咲コウの「アンタの将来なんて知るか!」ってセリフもぴったりだったし、
石坂浩二のいやらしさがにじみ出てる役もピッタリ!
そして何度も笑わせてくれる場面あり、感動シーンあり、吸い込まれるように観てしまいました。
恋愛ものでもなく、事件が起こるわけでもないのに引き込まれます。

スーパーでの人事交流研修を終えた、プライドの高い県庁さん(織田裕二)が得たものは・・・
「素直に謝ること」
「素直に教わること」
これって、私のすぐそばにいる人にも言いたいわぁ~(爆)

見終わった時になんとも爽やかな気分にさせてくれる映画だと思いました。
原作を読まれた方には物足りなさがあるのかもしれませんが、私は読んでナイ!(笑)
ゆえに、素直におもしろかったです。

それに・・・何と言ってもロケ地がみこりん御用達のスーパーですからね。(爆)
『Polka』(←固有名詞です)だぁぁ!ってずっと思ってましたものぉ(^p^)おほほ

不思議に思ったことが一つ・・・
駐車場のシーンで軽トラが一台もなかったんですけどぉ。
いつもは田舎のおじいさんに近いおじさんが、おばあさんに近いおばさんを軽トラでお買い物に連れてくるのですが・・・。
あれだけロケ用に車を並べるのもタイヘンな作業だったんでしょうね。

県庁の星

スポンサーサイト