FC2ブログ
然り気ないこだわり (『だいすき』に囲まれて・・・)
同じ時をこうして生きてる。 私の『だいすき』と出会って そしてアナタに出逢えて・・・
ウチにやって来た日(17年前)

17年前の今日、ルイが我が家にやって来ました。

こんなに長く一緒にいてくれるなんて。。。

この時、ラムは1才に満たない11ヵ月。

新しく来たこの子をすぐに受け入れてくれました。

それ以来、16年と5ヶ月も一緒。

ラムも長生き犬、ルイは半身不随ながらもラムの17才4ヶ月に迫ろうとしています。

そんなルイーズちゃん、今日は病院に行って来ました。

1ヶ月健診です。

待合室にて。。。

病人みたいですが元気です。

おしりを持ち上げて前足だけで歩いて診察室へ行くと、先生が「おー、スゴいスゴい!」と讃えてくれました。

先生はいつも、「17才かぁ!」とか「2002年生まれだもんなぁ」って私をノセるのがウマイんです。

私もかなり嬉しかったりする・・・(^_^;)

先生 :「ウチでは内臓は診てないので、血液検査したいんですが、前の病院で検査とかしてます?」

私 :「何年か前に手術するときにしたぐらい。具合悪くなったことがないので検査もしてないです。」

先生 :「ですよねー(^-^)  じゃないと17才まで生きれないよなぁ。」

実は、ラムが16才の時、耳の手術で血液検査の数値がめっちゃ良かったので、ルイの数値も見てみたかったのです、同じもの食べてるから。

でもズルズルと検査なんてしてないの。(^_^;)

そして本日に至る。

そして結果発表~!

腎臓の数値が高かったのです。

最近は自らお水を飲まなくなったルイさん。

ごはんにはたっぷり水分だったのですが、夜中のオシッコが大変だから水分量を減らしていたのがペケだつたー⤵️😵💦

ちゃんとオシッコも出てるし問題なかろーと思っていたのですが、早く気づいてよかったわ。

お水をガブガブ飲ませてくださいねーとのこと。

そして乳酸菌サプリも奨めてくれました。

冷蔵庫で保存です。

こちらも飲んでるよん!

スポンサーサイト



ルイの車椅子

ルイが歩けなくなってほどなくして、倉敷に犬の車椅子をレンタルしてくれるところを見つけました。

すぐにアポを取り、とある場所で待ち合わせ。

やさしいお兄さんがルイに合わせて車椅子を調整してくれました。

前足はしっかりしているので、2輪でもいいかなぁ、と思っていたのですが、これからはどんどん弱っていくだろうし、始めから4輪にしてもらいました。

すぐに慣れてくれ、1ヶ月経った今も後ろから押さないと歩けませんが、喜んで歩いてくれています。

本犬は歩きたくて泣くので、この車椅子は必須アイテムとなっています。

ルイーズちゃん、歩いてる動画
ルイちゃんの四つ足で歩いている最後の動画となりました。

こんなに歩いているのに、この夕方突然後ろ足がフニャフニャに~💫

覚悟はしていたけれど、こんなに突然って。。。

2日間ほど受け入れられなかったな。

17歳2ヶ月になりました

ひと月前、ルイーズちゃん、まだまだ歩けますよー、と、ここに記したのですが、この1ヶ月いろいろありました。

新しいキャンピングカーが来た記念に、ダンナ念願のルイと二人旅に出かけたのが11月12日~13日。

奥出雲方面に出かけ、無事に帰って参りました。

そして、16日(土)、朝のお散歩は1㎞コース。

普通にトコトコ歩きます。

その後キャンピングカー屋さんに行き、併設のドッグランで遊ばせました。

知り合いのお宅に行き用事を済ませて、夕方にホームセンターの駐車場でお散歩、ここで踏ん張ってウンチ(^_^;)。

それから45分後に帰宅し、キャンカーから降ろしたルイちゃん、後ろ足が全然立ちません。

ちょいと疲れたかなぁ、とそんなに深刻に考えていませんでした。

翌日になっても足が立たず、月曜日に病院へ。

薬を処方され、今後のことをいろいろと話してくださいました。

飼い主の腰がやられないようにと。

さぁ、これから仕事もあるし、どうするべ???

ルイちゃん、オムツしていてもそれには【いたしません‼️】(笑)

吠えておしえてくれます。

ペットシートに連れていくとシャーッ❕☺️

腰をやられないように、補助着をネット購入。

前足は丈夫なので車椅子のことも考えレンタル。

部屋の様子も替えました。

ただ後ろ足が立たないだけの元気な老犬なの、暴れて血だらけになる毎日。

最近は午前中はおとなしくしているので、午後からはボスの許可を得て連れて行き車の中で待たせています。

自宅と職場を往復し、車中待機で鳴けばすぐ様子を見に行く・・・という、これが今の日常です。

面倒くさがり屋さんの私だけど、全然苦じゃないんだよねー。(^_^;)

もっともっと長生きして欲しい、ただただそれだけなのです。

17才と1ヶ月
ルイーズちゃん、17才と1ヶ月になりました。








時々おぼつかない足取りにもなりますが、まだ1人で立って補助なしで歩きます。

もう少し頑張ってくれそうなルイたんなのです。


17才

🎶 だ~れもいない海

二人の愛を確かめたくて~

ルイーズちゃん、本日満17才になりました~🎊

ちょっと前、覚悟したけど、あれはなんだったんだ⤴️?っていうくらいフツーに過ごしています。

まだまだ歩けます。

自力で立てます。

食欲旺盛です。

オシッコもシートにします。

💩は、時々寝たままニョロっと出ることあるけど。。。(笑)

こうやって補助なしでいつまで歩けるかなぁ?

ルイーズちゃんてば、奇跡のラブラドール???
あきらめかけた日

17歳目前の9月21日朝、突然激しい痙攣をお越し、2分ほどで治まったと思ったら、今度は聞いたことのないような泣き叫ぶ声。

ちょうど土曜日でお休みだった私たちは、「もう終わり・・・」と、ルイを撫でながら覚悟を決めました。

懸命に立とうとするけれど立てずに泣き叫ぶ、の繰り返し。

ひょっとして?

と、オヤツを口元に持って行くと「パクッ❗」

なんじゃそりゃ?

諦めかけていた私たちも笑ってしまいました。

でもまだ時々泣き叫んでいます。

立って歩きだすと ヨロヨロして家具にぶつかったり。

30分もすると、ケロッといつものルイーズちゃんに。

この日はショッピングセンターの一角で、動物愛護習慣のイベント、獣医師の犬猫無料相談が開設されています。

かかりつけの先生がそこにいるはず。(そのため病院ひお休み)

午後から相談に行ってきました。

先生ヒマヒマそう(^_^;)

ルイが今朝痙攣を起こしたことを話しました。

いろいろとお話しして、単なる発作だと。

自分では何が起きたのかわからなくて、目も見えないし、立とうと思っても立てないし、ワケわからん状態で泣き叫ぶ。。。

1時間も経たないうちにお散歩も行けたので、私もさほど心配はしてなかったのですが。

でも痙攣中、そして泣き叫ぶ様子を見たときにはあきらめたよー!

切ない・・・

ルイたん、寂しいのかな?

しょっちゅうこんな風にしています。

我が家に来てから、16年5ヶ月も一緒にいたんだものね。

何を思っているのでしょう?

ラムが最期に食べたもの

毎週火曜日、職場に移動パン屋さんがやって来ます。

この日はお弁当を作らず、ここの調理パンでランチタイム。

他にもたくさん買って、相変わらずの私の「パンゲル係数」は高い(^_^;)

一週間前の火曜日の夜、なかなかごはんを食べてくれないラムちんに、これならどーだ? と

あんこ&ホイップのサンドイッチを差し出すと、バクバク食べてくれました。

フーッ💨

これで明日も大丈夫だい!

と、いつものようにおやすみなさい。

が、ラムちゃんに夜明けは来なかった・・・・・

今日、このパンを買ってルイもシアンもダンナも、みんなでいただいて供養しました。

もちろんラムちゃんにも。

お腹壊すから半分だけね。

無事に渡れた?

土曜日、一日中降り続いた雨が日曜日の朝には上がり、太陽も顔を出した。

さて、ルイさん、お散歩行こうか、と外に出てみると

西の空に

スマホでは収まりきらない、でっかい虹の橋がかかっていた。

ラムちゃん、無事に渡りきったかな?